トップページ | シリアルはどうやってたべるー? »

2012年9月11日 (火)

ラノベ:アニソンの神様

というわけでこのライトノベルがそれなりにすごい文庫のアニソンの神様
俺の評価がそれなりにすごいだと思っていただいて結構です
何がどうそれなりにすごいのかは以下を読んで適当に判断してくださいw

音楽を題材にしたラノベは意外とありますがジャンルがアニソンなので読者側との
ほら、ロックとかクラシックとか聞いてないととっつきづらいし
どっかの宇宙が舞台の音楽ラノベはとりあえず、全部書き直してから来いよ

主人公がドイツ人という設定のおかげで
アニソンに対する偏見をもろもろカットできているので話がスムーズに動いてるんですよね
仮にこれが普通の日本人がアニソンバンドやりたいからメンバー集めたい!とか
やると、アニソンとか()みたいな偏見が…(実際にこの偏見は作中でも出てくる)
でお約束として外国人キャラって妙に日本に詳しい、ただし変な部分に
ってのがあると思うんですけど、その辺を利用してアニソン詳しいのかー
ってのを周りのモブなんかにうまく使わせてるんですよね
序盤のテンポの良さに一役買ってると思います

ラストのライブシーンに関しては、これ脳内で曲が再生できるからこその演出であって
多分、再生できない人(聞いたことない人)は若干事故りそうな不安
作中に出てくる曲は全曲聞いた覚えがあると思うし8割がた再生できるはず
ライブシーンに至ってはその辺も考慮してるだろうし、ほぼ確実に知ってる曲なんで安心をw
タイトルは出てくるので、最悪youtubeかニコニコに力を借りればどうにかなる
ただ、曲の歌詞あってこそな部分も強いからやっぱり事故る人は事故る

アニソンに限らずゲーム音

トップページ | シリアルはどうやってたべるー? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1760156/47035644

この記事へのトラックバック一覧です: ラノベ:アニソンの神様:

トップページ | シリアルはどうやってたべるー? »

無料ブログはココログ